祝 政権交代 と お詫び

8月28日pm5:ごろ
突然PCがフリーズ
ブログ更新ができませんでした。

今日、新PCに更新しました。

原因はよくわかりませんが
PRG起動用のプログラムが壊れたようです。

ハードウェアのチェックをするために購入したお店に出かけ
調査を依頼したのですが、かなり時間が掛かるとのことでした。

しかたがないので安いPCを購入。

CPUもダブルコアで、2ギガメモリーと余裕十分でいまこの記事を入力しています。

しかし新しいPCは安いわりに高速でメモリーも余裕で当分これで凌げそうです。

そろそろバックアップを取ろうと思っていた矢先のできごとでした。

しかし、

そのおかげかどうかわかりませんが

久しぶりでオーディオアンプに電源を入れました。

左チャンネルの不具合で音が出ないことはわかっていたのですが

なんとパワーアンプの基板の上に小さい基板が載っていてそれを指で触ると音が出たではないか!!

接触不良が原因なのはわかっていたのですがどの部分が接触不良なのかわからなかったのです。

まー、何が幸いするかわかりませんね!



さて、選挙情報がいろいろ伝わってきていましたが、

やはり大方の予想どうり民主党が圧勝しました。

小沢一郎の実力が遺憾なく発揮された結果でしょうか。

この度の選挙では新人候補が沢山出ました。

新人にもかかわらず本当によくやったと思います。

無党派層をよく取り込めたと思います。


この結果をどう解釈するか、人それぞれですが、

一番問題なのは、自民党議員が敗因についてよくわかっていないのではないかということです。

自民党の政治家と一般国民の距離があったということでしょうか。

一部の勢力のことしか考えていなかったということではないでしょうか。

とにかく、政権交代が決まった。

これからは本当の民主主義に向かっていくならば国民は民主党ほか協力政党を見放すことはないでしょう。

新たな日本が生まれ変わるチャンスが到来したというべきでしょう。

今後のさまざまな分野で変化がどう起きるのか

注意していきたいと思います。

これからのマスコミの姿勢が正常に戻るのかどうかも気になるところです。

民主党はこれまでの政治と決別し、国民の視点に立った政治を行うべきです。

国民にはできるだけ解るように情報公開もしてほしいです。

戦後政治の実態も明らかにし、国民にうそを付かない姿勢が大事だと思います。


世界の流れも、民主政治の方向へ動き出すと思います。

戦争のない平和な世界。

誰もが望んでいる平和がなぜ、今までできなかったのか?

日本が変われば世界が変わると言われてみたいと思いませんか!


今回の小沢一郎の選挙戦略を記事で読みましたが

プロフェッショナルというべき周到な準備の上での勝利ということが言える

と思います。

小沢一郎氏は企業経営でもできそうな気がするのです。

演説は苦手だが、戦略、戦術は実に鮮やかではないですか。

おそらく、世界の政治家を相手に十分渡り合えるのではと思ったりします。






















民主党政権は日本をどう変えるのか (家族で読める family book series 004) (家族で読めるfamily book series—たちまちわかる最新時事解説)
飛鳥新社
上杉 隆

ユーザレビュー:
さらりと読む本著者は ...
知識だけでなく感触が ...
フリージャーナリスト ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

政権交代
楽天ブックス
著者:榊原英資出版社:文藝春秋サイズ:単行本ページ数:235p発行年月:2008年04月この著者の新

楽天市場 by ウェブリブログ

政権交代と有権者の態度変容
楽天ブックス
変動する日本人の選挙行動 著者:蒲島郁夫出版社:木鐸社サイズ:全集・双書ページ数:314p発行年月:

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック