09年世界情勢の新たな動き

大反響!頭皮と頭髪に シャンプーをCHANGE スカルプD

2009-01-19 05:46:00日本と地球の命運 から


09年世界情勢の新たな動き



09.1.18
ロシア・ウクライナのガス紛争は解決して、ブッシュらの戦争挑発は失敗した
 モスクワで行われたプーチンとチモシェンコの1:1の密室交渉は10時間に及んだが、解決した。レプティリアンの変身体同士の妥協が成立した。
 合意によれば、09年にウクライナ側は露ガス通過価格を08年通りに据え置いて、EU向け価格$470/1000m3の20%引きで露ガスを入手する(08年は$179.5だった)が、010年初めからEU向けガス価格に移行する。露のGasprom社とウのNaftogas社は契約書に調印し、調印後に全ガス供給は回復すると合意した。露ガス通過のEU、露、ウ3者の監視団は不要になる。既にスロバキアへは1.18の午前中にチェコ経由で露ガスが供給され始めた。
 メドヴェージェフ露大統領は、欧州の銀行に取消し不能信用状を開設して、ウ領土での不法なガス抜取りの場合の代金をそこからガスプロムの口座への支払いに支出した記帳をするよう、EU側に提案した。そのため露はウに約10億ドルの信用状の供与で援助する。つまり、ウの泥棒ガス代はウの借金になる。
 チモ首相は「今日は実りがあった。サミットも結果を出した。相互理解が見出された」と言った。EUはサミット前は悲観的だったが、明るい結果になった。ウの未払いガス代の支払いは発表で言及されていないから残っているのか、契約に含まれているのか不明だ。チモが前から帳消し要求していた理由が不明だったが、プ・チ差しの交渉が10時間もかかったのだから、あるいは未解決なチェルノブィリ原発事故の補償金対象としてチモが未払い代金帳消し要求をしたかもしれない。 
双方が妥協した結果、これでEU向けの露ガスの通過が復活することになってブッシュ一派とユーシェンコによる露・EUの対立扇動と、第3次大戦挑発は失敗に終った。
09.1.19にロシアとウクライナは09.1.1から2019末までのウクライナ向けと同国通過による欧州向けの露ガスの納入協定を上述した内容で締結した。GaspromとNaftogasの両会長、プ首相とチモ首相がサインした。すべての供給が動き出す。
  
米国:09年経済崩壊>内戦>6ヵ国に分解への過程で
オバマはボスのイルミナティの言いなりに反抗して暗殺される可能性が生じた

izvestia.ru、pravda.ru、newsland.ruその他の報道によれば、
(1)前記事で書いたように、ロシア外務省外交アカデミー国際関係学部長のPanarin教授の予言:
   オバマの奇跡は発生しない。米国は09年11月に経済崩壊、内戦勃発で、6ヵ国に分解する。
 http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/59.html

(2)ブルガリアの予言者Vangaお婆さん(96年に85歳で死亡)の予言:
   米国では、オバマが大統領に就任するやいなや、自然大激変が始まる。米国は09.11に経済が崩壊し、内戦に突入し、南北に分裂する。

(3)09.1.16-オバマの暗殺予告を3回もインターネットに書き込んだS.クリストファー容疑者が09.1.16に逮捕された。彼は「人種主義からではなくて、米国に良いことだから計画した。ピストルは初めてだから、就任式の一番前の席から撃つ心算だった」と供述した。実際に殺す犯人が3回も予告するわけがない。これは、オバマに反抗させないためのイルミナティによる警告だったようだ。

 09.1.17-オバマは、フリーメーソンに暗殺されたリンカーンが大統領就任式のときフィラデルフィアからワシントンへ到着した前例を再現するパフォーマンス=芝居で、同じ鉄道を汽車に乗って就任式典のためワシントンに到着した。
 リンカーンは、ロスチャイルドによる私設の中央銀行制度(今日のFRB)の実施に反対して、政府が発行する無利子のGreenback紙幣(裏が緑の紙幣)を発行して、フリーメーソン最上級第33階位のジョン・W・ブースによって1865.4.14に暗殺された。オバマは、自分も同じ運命を辿ることを予感していて、それを暗示するパフォーマンスを演じたようだ。
 09.1.18-オバマは、前述したようにフリーメーソン指導部イルミナティことレプティリアン(爬虫類型ヒューマノイド)の変身体らのステルス足かせを嵌められた現代奴隷だが、イルミナティの言いなりになることに不満で、2000万人以上だった大統領選挙運動の支持者へのアピールを大統領就任式の2日前の09.1.18に発表して、自分の新政策支持のため支援態勢を続けるように呼びかけた(NHKラジオ①)。これは米国史上異例の出来事になった。
これは、イルミナティに対する彼の抵抗意識を表しているかのようだ。共和党大統領候補ロン・ポールも、このブログに書いたように、暗殺情報が暴露されたとき「私は暗殺されて聖像になることを覚悟しています」と語ったことがある。

 09.1.20-オバマは、大統領就任式で、後に暗殺されたリンカーンが大統領就任式で使った「聖書」に手をのせて、大統領宣誓を行った。これは彼の第44代まで前例のない異例の出来事だった。

 オバマの副大統領はイルミナティのCFR会員でシオニストのバイデン、首席補佐官はイスラエル軍務経験者・二重国籍者・イ諜報機関モサドの工作員エマヌエルで、直上のボスがイルミナティのブレジンスキー、ボスがロックフェラー一族の新総帥ジェイ・ロックフェラーだ。

 だからオバマはがんじがらめ状態で、言いなりの操り人形状態に不満で、結局反抗することになり、暗殺されたリンカーンやJFK=ケネディと同様にイルミナティによって暗殺される。
 
(4)ところが他方では、経済崩壊に直面しながら世界支配の夢をなおも諦められないロックフェラーは、新たな策動に乗り出している。

  イルミナティのZ.ブレジンスキーは09.1.18付けの英国FT(フィナンシャル・タイムズ)紙に「世界を変えることの出来るペアー」と題する論文を発表して、米中関係をEU,日本との米国の同盟関係と同様な、万事包括的な性格の同盟関係にしなければならない、と主張した。そのため彼は、米中関係と国際問題全般の突っ込んだ討議を行うための米中の最高指導者の定期的な非公式会談の手続きを整備する必要があると提案した。これは、国内問題に傾いたオバマにも反映させなければならないと、ブレジンスキーはオバマの主人気取りで書いた。

  抽象的表現で爪を隠したブレジンスキーのこの論文は、米国経済崩壊を回避するためのフリーメーソン李財閥など中国からの巨額の資金援助をあてにしたもので、宗主国英国を差し置いて、今でも中国は米国の最大の債権国だが、援助規模によっては米国を中国の金融的従属国と化すことにもなりかねない。しかしこれまでのところ、中国指導部は慎重だ。元も子もなくなる恐れがあるからだ。

 このブレジンスキー論文はさらに、第2次大戦後の米国によるソ連封じ込めに次いで、世界政治の新段階で今度は中国に出費させてロシア封じ込めを目指し、中露を柱とする「上海協力機構」へクサビを打ち込む戦術を通じて、イルミナティとブレジンスキーの年来の目的-中露対立と中露戦争を挑発し実現する戦略の隠された一環である。

中国指導部は情報戦争でもロシアと協力関係があり、ブレジンスキーも胡錦濤も共にレプティリアンの変身体だから妥協がありうるが、中国指導部がイルミナティの意図を見抜いている可能性がある。
中国では、フリーメーソン指導部イルミナティの暴露本が出版されて50万部売れたが、さらに売れ続けている。

 こうしたさなかの09.1.19に、露、ベロルシア、アルメニア、カザフスタン、中央アジアのキルギスタン、タジキスタン、ウズベキスタンによる集団安保機構の平和維持活動協定が発効したので、統一指揮、同一装備、共同訓練による同機構平和維持軍の創設が決まった。中国以外ではこれは、上海協力機構の主要加盟国と重なっている。

オバマ大統領就任演説の特徴
 -中道寄りの美辞麗句の空文句を連ねた大部分無内容な後退迷走
  恐慌対策無力の責任を国民に転嫁する予防線=「義務と責任」の要求で就任演説は終った


09.1.21
  ロックフェラー、ブレジンスキーらイルミナティによるがんじがらめ状態にあるオバマの09.1.20の大統領就任演説は、ブーイングを起したブッシュの米国に対する奉仕への感謝の表明で始まって、中道寄りの美辞麗句の空文句を連ねた大部分無内容な迷走に終った。

  オバマは、イスラエルのモサド、米国CIAとブッシュ政権の自作自演だった911事件には全然言及しなかった。彼はUSA帝国主義によるアフガン、イラクの侵略と大量虐殺、イスラエルによるレバノン、ガザの侵略と市民の虐殺などの犯罪に対する反省を語らなかった上に、ブッシュの演説をオウム返しして、イラク、ガザ、レバノンの抵抗闘争、イスラム人民の反米帝闘争に対して改めて宣戦布告した。

  オバマは野蛮で邪悪な市場経済を手直しで擁護しつつ、金融・経済恐慌の結果を克服する責任が決定的にオバマ政権と民主党にあるのに、逆に国民に義務と責任を果たすよう要求して、今後の恐慌対策の無力な結果責任を回避する予防線を張った。
これは、彼のキャッチフレ-ズ「チェンジ」を本格的に実行する意志があるのか疑いを持たせた。
それは、ロックフェラーによる番外NYタイムズによるネオ・ルーズベルト的改良政綱からの後退をも暗示した。
これらは、オバマに対する暗殺の脅威がもたらした結果の1つかもしれないが、改めてオバマはイルミナティの傀儡であることを実証した。
売国麻生は記者会見で、オバマ就任演説を共通姿勢があると高く評価した。
  200万人近い会場は最後まで冷静で盛り上がりに欠けて、多くの国民と外国人が疑いや苦い幻滅を感じた。
オバマの中道寄りの政策実施の結果、不可避的な情勢悪化でPanarin 教授やVangaさんの予言が実現する可能性が大いに強まった。
その過程で人民の幻滅と批判が広がれば、オバマは政策の独自色を試みて暗殺に至るだろう。米国労働者階級はオバマを乗り越えて新第2革命へ前進する可能性がある。

オバマは、1.21の就任最初の日にイラクからの米占領軍撤退計画の作成をゲーツ国防長官らに命じたが、期限を指定しないで、「就任後16ヵ月以内に撤退する」という公約を投げ棄てた。







BOYCOTT ISRAEL CAMPAIGN
画像





書店で一番売れているビジネス週刊誌! 『週刊ダイヤモンド』最新号購入&定期購読


この記事へのトラックバック