日本の四天皇が日本版NESARAの中心になる日が接近し、画期的な新技術の登場によって人類救済に至るだ

不動明王 から

日本の四天皇が日本版NESARAの中心になる日が接近し、画期的な新技術の登場によって人類救済に至るだろう


投稿者 不動明王 日時 2007 年 7 月 07 日 14:28:32: Wge0l2yvbkAIg

 日本の四天皇が、日本版NESARAの中心になる日が急接近しているようだ。NESARA発動でも、種々の法制度の改革は可能だが、最終的には、画期的な新技術の登場によって初めて人類救済が可能となるだろう。今や世界人口は過去20年間で20億も増加そして来た。闇の世界権力は、これを人口削減で対処しようとして、今や最後の悪足掻きに入っているものだ。

 この邪悪な行動を阻止して敗退ならしめ、資源・エネルギー・水・食糧などの地球文明の諸問題を解決していくものは、実に画期的な火山灰技術、火山灰である砂漠の砂の有効活用、火山内部からの豊富なウラン等のレアメタルの抽出、永久磁石を使った燃料・エネルギー革命、電子水による画期的なエネルギー・殺菌・浄化・健康革命に至るもので、これらが総合的に「正しい心で」活用して初めて人類救済となっていくであろう。

以下は少し前の某筋からの情報であるが、今でも通用するもので公開しておこう。

日本委員会の展望:2007年4月報告

GESARA: Global Economic Security And Reformation Act[地球経済安全保証改革法]
GESARAの前身のNESARAに関する資料をお送りします。
すでに世界中の4000万人以上がアメリカ発のNESARAの発表を待っています。
そしてその発表前に日本にGESARAの実行部隊がひそかに創られることが期待されています。

これはビルボード中にNESARAを組み込んでいる ワシントンD.C.の州議会議事堂です
2003年10月からのヒット数− 40155290

NESARA
それはまた改革法と呼ばれています

発表されるための法律はすぐそこにあります。     
それはただちにあなたの人生を改善します!

地球の支配者イルミナティに残された選択肢

第1の選択:核戦争による抗戦・・・・・・・・・・・・・・[2007年断念]
第2の選択:地下都市に依拠して抗戦・・・・・・・・1996年断念

第3の選択:月・火星に依拠して抗戦・・・・・・・・・1990年断念

第4の選択:戦争を放棄して銀河連邦に回帰・・・2008年-2010年に銀河連邦と新協定を締結

未来の地球憲章の基礎=平和憲法+地球人類経済安全保証改革法
Global Economic Security And Reformation Act

*以下は、1998年以来、銀河連邦とともに地球上でNESARA運動を進めてきた地上の同盟者、キャンディス・フリーズが2006年9月25日に発表したメッセージです。
*ほぼヤフー機械翻訳のままですが、大意は読み取れると思います。

http://abundanthope.net/pages/article_107.shtml

The Coming Cataclysms
来たるべき大変動

By Candace
キャンディスによって

September 25, 2006
2006年9月25日

こんにちは。全ての潜在的な救世主、これはその任務をはたすことを決意した人々のための、そして任務声明をすでに提出した人々のために書かれた必読書の新しい部分です。この部分は、皆さん全員にとって挑発的な読み物です。我々は来たるべき時に多くの組織化された援助を必要とするので、私はそれを再考することが、いまだ確実ではないあなたの決意に動機を与えることを望みます。

近年Monjoronson(Magisterial Son)はUrantia TM(ミッションを教える)グループとともに彼のメッセージの中で、世界規模の人口激減という大きな災害に我々が直面していることを強く示唆しました。この部分の目的は、分化していない方向であなたに来たるべき逆境を知らせることです。あなたは、その考えと戦略を開発するために地球に来ていることを知っていなければなりません。

Monjoronson は地球の人口が来たるべき年にわたって1/3〜2/3減らされることを示唆しました。彼は、来たるべき大変動があると言っています。両方の声明は真実です。こういう悲劇が来ていると思うなら、私が何人かに私あてに(これからどうすべきかを不思議に思って)手紙を書かせた今、 AbundantHopeの目的は何ですか? 救世主のミッションをプログラムする理由‖なぜ‖貧困をなくすために到着している並外れた金は‖なぜ、 ChangingはReligionのFaceです、全てが迷うようならば、ルックスが合うものが来ていて、計画で、そして、中で? あなたはこの部分を読み終わったあと、私はあなたにその質問に答えるのを任せます。

地球は、かつて多くの大洪水に直面しました。あなたの多くは海の中に沈んだレムリアとアトランティスに気づいています。その最後は戦争行為から沈みます。惑星は、しばしば極反転を経験しました。 惑星が光子ベルトの前のサイクルに入ったので、他によってそれに持ってこられる戦争と最後にそれを浄化しているそれに昇進するそれ自身の市民の核戦争の大変動は起こりました。

地球は、恐ろしく巨大な小惑星と彗星に打たれました。それが、しばしば光子ベルトによってありました。これは11,000年ごとに来て、およそ2000年続きます。文明が十分に進まないなら、光子ベルトのとき、惑星は浄化されます。多くの文明は、負けました。それは決して全ての惑星についてではなく、一部の個人と2、3の社会は次元上昇しました。

この次元上昇が、地球のために、HUman.になることを拒否する人の愚かなことに行ってきたことを決して前に思いつかなかったより高いUniversal人。あなたの多くは、地球が刑務所惑星であったということを知っています。多くの暗い側の人々、DescendingとAscendingの両方の人は他の星と他の次元から地球に送られました。そして、それは多くが確立したものを降ろすものの有害な、不注意な作用を大目に見ません。

これらは20万年前の魔王反乱からOrvonton(天の川銀河系)と落ちたものの銀河戦争で捕らえられた人々を含みます。地球(Urantia)は万能の回路(魔王Rebellionのもはや孤立した惑星でない星)に最近戻されました。これは魔王の後で許されました、そして、彼の仲間は裁定に直面しました。魔王は絶やされました、そのため、彼はもはや問題ではありません。 銀河連邦の干渉のおかげで、銀河間の戦争は終わりました。そして、何年も前数を始まる事実では、我々の歴史の長い期間にわたる最終判決は手元にあります。

惑星であたりを見まわしてください、そこで、それほど多くは困っています。これの多くをつくった恐ろしい「政治」を見てください。教育の不足を見てください。アメリカ合衆国と類似したおそらく豊かな国のような場所で、彼らの前で正しい奴隷制度を見る人々の能力の欠如を見てください。我々はもう一度人口を大きくします。そして、それは惑星で宇宙知識の不足のため、制御できないです。精神的な発展が、これらの問題を防ぐか、解決するために、民族のためにありません。地球自体は、生き残りの危険にさらされています。惑星は、最初になります。Nebadonで最も有望な種惑星の長年の進化の10億人の破壊は、許されません。 あまりに遅い前に、生物圏は浄化されなければなりません。

光(つくって、高める愛で明らかに使われる知識)が突然現れ始めているこれらの日にさえ、これはおそろしく暗くてひどい惑星です。これは第5の局面(キリスト意識の初めの国)に遅れずに望ましくて命令された昇天を引き起こす光です。そして、入ることが光といのちの時代に入れ込んでいます。

光を照射するものは、現状を保つ人々によって避けられるままです。これは、我々全員の一貫したテーマのままです。 あなたが本当に誰であるかについて気づいているあなたのそれらのために最も難しい問題のうちの1つが、あなたのあたりのほとんどがそうでない(そして、多くは適所に現在のパラダイムの下でそうすることができません)という考えです、そして、あなたは避けてください、あなたが黙らないなら、涙、怒りと拒否が適切です。

こういうことは、光の不認可を引き起こすために、暗い力によって適当に設定されました、そして、光を拒絶しているこれらの人々の多くは、宗教団体に属して、おそらく神を知っています、しかし。彼らは、単に権限で偽キリスト者の人々によって構築される一組の非常に四角い規則に従います。 人々は箱に閉じこもりました、そして、多くは箱から乗り出して、成長するGodlyなことをすることよりむしろ箱にとどまるほうを選びます。多くの人々は、実は、神が知識の達成を制限すると思っています!暗い大国によるこの使用は、善悪を知る木の実を食べた聖書のイブの物語で見られます。暗闇による惑星の上の遺伝学の下への操作のために、より高い展望と考えの不足が、大部分の人々にあります。

人口減少と大変動によって何が意味されますか? 我々は、何を楽しみにしなければなりませんか? 聖書のテキストで言われるように、歯ぎしりがありますか? はい、そこで、決意してください。これは、大部分は明らかにされた少しすごい間違った決定を無視するほうを選んだ人々のところへ行きます。何人かは、彼らには彼らがしたはい以外は選択が、経済学的に言えば、なかったと言います。彼らは連立をつくることができて、若干の変更をし始めることができました。海岸から、彼らはThey番がまた、立ち去る方法を捜すことができると言うことができました。

しかし、また、悲しいことに、1970年代に立ち上がり始めた多くのリーダーは、恐れを経験して、後退しました。多くは結び付いて、事業を始めて、このアリーナで若干の利益をもたらしました。そして、我々がエネルギーを使って、そうするために夜までに絶えず攻撃されるように、有機製品を持ち込んで、変わろうとしました。ホウレンソウの汚染の最近の物語は、この物語を例示します(それは意図的でした)。

そこであるが、悲しいことに、それ(来たるべき大きな変化)は思われます。世界中の大陸プレートは両方の振動の変化から変化を感じ続けます、そして、光子の影響は疾走します。特に土地の上のそれらの氷パッチから、溶ける極地の氷冠は、海の増大を引き起こしています。実際に溶ける水の上の氷は、より少ないスペースを取ります。あなたが角氷トレイでそれを凍らせるとき、水が拡大すると気がついてください。しかし、それが溶けて、土地の上の氷は川と海にはけます。南極氷多数はそのようなケースです。そして、そのことは土地(グリーンランド(それは再び「緑に」なるでしょう)とシベリアでカナダの地域のような)の上にある北の氷多数です。

この溶融はすでに多くのインチ海を増やして、時々「環太平洋火山帯」と呼ばれている太平洋の縁の外層の中の亀裂にしみ込みます、 火山のため。水が隙間にしみ込むとき、それは大きな痛手をします。単純な例として、ひびが屋根で生じるならば、比較的短い時間に水は中にしみこんで、そのうえ損害を受けた地域を広げます。私は、貧民街の漏れ穴から、私の家の損害を受けた側線の領域があります。配管で遊んだあなたは、水には圧力があって、小さな場所を通って非常に簡単に漏れるということを知っています。

我々は、非常に近い将来、環太平洋地域の多くの問題について予想することができます。また、これは絶えず変わっている地球の結果です、しかし、問題は人類の劣った決定によって大きくされました。私にはその巨大な地域に影響を及ぼす主なイベントを議論するためにこの部分で重要で難しい任務があります、そして、それはあまり遠くはありません。

カリフォルニアで起こる多彩な断層線は、大きな増加圧力を感じています。あなたの多くがわかっていて、サンアンドレアス断層は太平洋と北米プレートをかみ合わせることから生じます。そして、それは絶えず、そしてますます、こすれ合っています。私はカリフォルニアで既知の断層線を研究することに若干の時間を費やしました、そして、それらは四方八方にある意味でクモの巣(多く)に似ています。多くの未知の断層もあります、そして、これらのうちの1つは南カリフォルニアが90年代に感じた大きい地震に関係していました。そのわずかに卵の形から、惑星はその丸い状態に戻っています、そして、これはストレスをも生じさせています。

カリフォルニアの南西の多くの部分は、海の上にある「棚」です。主な断層線が、この棚のまわりにあります。それらはますます不安定になっています。そして、そのことはカリフォルニア州とこの州以外の北の他の州が来たるべき年に地震の増加を見ることを意味しています。そして、いくつかは厳しい結果をもたらします。カリフォルニアはそれらのどれよりひどく見えます。棚を支えている岩盤はあと数ポイントで崩れる状態にあるので、この岩棚[ロサンゼルス地域]は壊れて海に落ちそうです。これが起こるのは、現在の最高の推測によれば、わずか1年以内です。

LA の下の地域は、後方に傾斜して、ある距離の下で、クレバスと大きな洞穴系(高さ所々で最高100フィートの)です。それは、ずっとサンアンドレアス断層へ戻って、海から延びます。これは、LA地域の非常に大きなかなりの量が突然およそ100本の足を下げることを意味します。圧力を上る海から増やすことの下で、水は今はかつてのもののためにこれらの断層に渦巻いていました。

これらのタイプシステムは世界中で広範囲にわたります、そして、多くのダイバーはそれらの水中洞窟の中に飛び込むのが好きです、そこで、彼らはそうするために十分に表面に近いです。この洞穴系は明らかになかなかの方法で下で、むしろ知られていないです、しかし、私は地球平面に乗った一部がそれに気づいていることを知って、何もしていませんでした。

これは、Monjoronsonによって話される大変動への主な貢献している要因です。カリフォルニアの地殻変動[ロサンゼルスの岩棚崩落]による津波は巨大で、その津波は全環太平洋地域の上に広がります。このイベントの前後に発生する地震が繰り返されることから、それらの津波は複数回あります。アメリカ合衆国の西海岸が遭う津波の多くは高さ何百メートル(多分高さ300メートル)であるでしょう。アジアの沿岸地域は、最高高さ30メートルの津波に遭います。そして確かに、私はこのニュースを受けたことで「不安」になりました。そして、多くの涙を流しました。私はカリフォルニア巨大地震が到来することを知った時から、私は数ポイントで、それが海に落ちるということを常に知っていました、そして、それの大きいかなりの量。文字通り。

私はこの考えがウェブ上で嘲笑されるのを見ました、しかし、私は多くの心霊研究がそれを見たと思います、そして、それが噂が立てられた第一の理由です。おそらく、インドの住民はそれを知っていました。 Soltecは、私の第3の目(私の視覚化のためのお粗末なスライス)に、側面図の絵を送ってきました。私はさらに彼と働いています。そして、上記の状況で影響を受けるより良い詳細な地域を定めます。たった今、私はこの部分を書いて、それをしてもらう必要があります。私は激しい研究と討議の最後の月にいました、あるいは、そう、いくつかの原因から、越えて来ることで地球は変わります。楽しい時間ではありませんでした、そして、私はとても活発な想像力を備えていますので、私はとても詳しくこの結果生じる問題を「視察しました」。私は、私はテレパシーでこの地球次元に来た親友と話す必要がありました。ジョンは、私が最後の二週間にわたって働くのに素晴らしい人でした。彼には、等しく鮮明なイマジネーションがあります。

この秋始まる地震シーズンは、いつもより大きいことになっています。そのいくつか[10月東京大地震]は、聖なる地球の不安です。地震の原因の一部は人によって作られます。そして、最後の地殻変動は何年も経過したあとで中東とパキスタンの大地震として起こります。これらは、地面からをポンプで石油をくみ揚げた結果です。地球が休息の新しい場所を見つけますので、これらの地域はより多くの地震に遭遇します。我々は、あまりにも多くの石油を除去しました。地球のプレートは、石油の上に浮かびます。人々は一部の縮小と場合によっては天然帯水層の減少から深刻な問題を経験し始めます。そして、それは水のために非常に深部からポンプでくみ揚げられています。

最近、6.0の地震がメキシコ湾でありました。これからさらに多くの地震がこの地域であります。それらもまた、石油をポンプでくみ揚げることが原因です。津波が、様々な程度、このカリブ海地域で発生します。人類が炭化水素を燃料として使うことで惑星を過熱して地震の発生に寄与しています。そして、天気が変わります。光子ベルトもまた惑星を暖めていま。そしてさらに、海を暖める要因の多くは海底火山の噴火から来ています。

我々は石油不足を経験するようになります。そして、これはかなりすぐに始まります。地震の多くは、井戸の多くを使えなくします。天気と地震は、精練所にも影響を及ぼすかもしれません。我々は、大きな送電網を使っていますが、地震と悪天候はこれらをひっくり返しそうです。

惑星は、配布のために生産と配線のために炭化水素を必要としない電気を高めるために、1900年ごろそのテクノロジーを惜し気なく与えられました。テスラは、水力発電ダムから世界にエネルギーをWIRELESS輸送する方法を与えました。

彼は、世界に電気自動車を与えました。それが車両で発生する電気を使用して1時間につき90マイル行った今、我々にはある少しも洗練されていない方法から、彼は車を製造しました。当時の車輪と悪路で、それは最も乗っていて気持ち良くないにちがいありませんでした、しかし、それは確かに十分に速くなりました! 人(HUmanでない)は、使用にそれを決定しませんでした。

このように、結果として生じる問題で惑星の上に過度の炭化水素汚染があります。我々のリーダーはそれで休みの戦争とお金を儲けるための洞察だけを持ちました。そして、彼らの近眼のゴールの向こうを気にかけませんでした。

我々は、レイモンド・ロイアル・ライフによって病気を診断し、癒やすために、頻度の使用を提案されました。しかしまたもや、彼のテクノロジーは拒絶されました、そしてその代わりに、頻度技術は危害のために使われました。 多くの他はすばらしいテクノロジーで来ました。そして、それは、しばしば貪欲の名において、開発されるか、その代わり、問題を生じさせるのに用いられることは許されませんでした。

この世界を走らせた「隠れたHand」とその手下は、その行動の結果がわかります。原因と結果が、常にあります。 実際、Hidden Handの多く」は取り除かれて、あらゆる国の我々の前に、彼らの操り人形を立てます。そして、その人は特に効率的でなくて、組織化して、我々のまさしくその目の前により大きな混乱に落ちています。来たるべき地球変化の間、これはMonjoronsonがどれに言及したかというシナリオ、非常に間違った決定から来たエラーです。価値でできている計画がありませんでした。

いくつかの年(未決定のこの時)には、しかし、我々のよりごく近い将来には、アトランティスが起こって、大西洋Riftに関する重大な問題もあります、そして、これはその両側の沿岸地域に大規模な津波問題を引き起こします。あなたのほとんどはもう一度起こるアトランティスとレムリアの物語を読みます。そして、この遅い過程は水をも置き換えます。通常の惑星は大陸をバランスのよい方向に配布しておく傾向があります、そして、戦争行為はこれらの2つの大陸が突然消える原因になりました。また、一新される海に、そして、再び表面まで上がる海の一新された土地へ下がるために使いすぎられた土地のために惑星の上のサイクルの通常の過程です。

私は、ここで皆さん全員に、アメリカ合衆国の西海岸だけで何があるかについて考えて欲しいです。我々は、スター・ピープルがそれらによって少し予測されることができるイベントに際し避難のための援助をしてくれるかもしれないと言いました。これは依然真実です、しかし、我々はこれのロジスティックスを考慮する必要があります。重大な問題が起こると公式発表されたら[2008年1月に発表される可能性が最も高い惑星Xの接近による極移動に備えた避難勧告声明]、皆さんは海岸から移り始める必要があります。多くは抵抗します。そのとき皆さんはどこへ行きますか?

いくつかは、彼らの使用のために夜までにつくられる地下地域に入るかもしれません。しかし、これはこれを選ぶ人たちにとって挑戦的な状況です。混沌が問題とこのように心の成長を解くことを進めて、挑戦は全てによいです。我々の西海岸地方で30+ 100万人々の意味を考慮してください、動きにアウトを必要とすることは方を害します。環太平洋地域の海岸近くにいる全ての民族と経済に対する影響を考慮してください。大部分の人は、惑星の沿岸地域に住んでいます。沿岸地域に住むすべての人はこのように全惑星の影響を受けます。内陸地方に住んでいる人々もまた影響を受け、これを逃れられません。

我々の西海岸の州経済は、何をもってアメリカ合衆国と世界に貢献していますか? それらは全く破壊され、大いに崩壊する多くのケースに向かっています。至る地域に出荷する作業はどうなりますか? 我々は惑星上で商品を届けるために、重要な輸送に頼っています。我々も、沿岸地域に商品を出荷するため、道に依存しています。我々には、輸送に関して世界経済扶養家族がいます。我々は、無線で十分に輸送する代わりの方法を開発しませんでした。

そして、我々は、どこかほかで生産される商品に対する依存で、地元で、我々が必要とするものを生産する米国の我々自身の能力を緩めています。 人々の膨大な数が安全な所に動くならば、どのように、我々は彼らを養い、住宅を供給して、服を着させますか? カリフォルニアだけは多くの食物を発達させましたが、まもなくやって来る大惨事のため、その農業地域はもう存在しません。 この同じ質問は、影響を受ける環太平洋地域の全ての地方にあてはまります。

[以下省略]

 皆さん、お元気でいてくださいね。 キャンディス

これはビルボード中にNESARAを組み込んでいる ワシントンD.C.の州議会議事堂です
2003年10月からのヒット数− 40155290

NESARA
それはまた改革法と呼ばれています

発表されるための法律はすぐそこにあります。     それはただちにあなたの人生を改善します!

http://www.nesara.us/pages/home.html

NESARAは、ただちに平和を取り戻します。そして、

1. NESARAは現在のアメリカ憲法を元に戻す法律を公布します。
2. 我々は 当局者と米国国会の全ての議員を、彼らの憲法に反する連続行動のため、その位置から追い出します。 ブッシュ、チェイニー、および閣僚と全ての国会議員は、NESARAの公示によってその職からただちに取り除かれます。特定の法の執行人員は、彼らのオフィスからブッシュの官僚を身体的に追い出します。これらの移動は、国家レベルで新たな開始を許します。 憲法に規定された移行措置[ひきつぎのための手続き]に従って、新しい連邦選挙がNESARA発表後、6ヵ月以内に行われることができるまで、NESARAは憲法上許容できるNESARA大統領とDesignates副大統領をインストールします。
3. NESARAはその公示によって「平和」を宣言するNESARAであるので、これまでの憲法に反する非常事態のありさまを廃止します。イラクとアフガニスタンに派遣された米国の軍隊は、米国にただちに呼び戻されます。
4. 部分的な治療として 90年にわたり政府と銀行業務の詐欺によって生じたクレジットカード残高と銀行債務がアメリカ人から取り除かれるようNESARAは国民の救済を目的とした法律が与えられることを義務づけます。
5. 米国は金に裏打ちされた新しいアメリカ財務省通貨による財務省銀行システムを始めます。 連邦準備制度理事会は廃止されます。連邦準備制度理事会施設と大部分の人員は、米国財務省銀行システムに吸収されます。
6. アメリカは課税収入を廃止し、政府のための収入源として、新しい、非必須部材[贅沢品・不用品など]に対する国家売上税を生み出します。 必須のアイテム(例えば食料や薬、リサイクル品)は売上税から免除されます。

あなたは、NESARAを発表させる行動を実行に移すことができます!
今や行動する時です! 我々がNESARAをすぐに発表するのを手伝ってください!

http://white-knights911.com/index.html

合衆国憲法と貴金属を元に戻すことに関する記事、NESARAとその関連ニュースは、アメリカ合衆国と全世界に新しい金融システムの基礎を形成しました
最新ニュース

NESARA

NESARAを発表をすることは、まさに巨大な仕事の始まりです。また、私は態度と完全性がすぐに変わらないとあなたに思い出させます。しかし、彼らが自発的ならば、多くが調整される機会があります。

NESARAは第1段階です。First Contactは第2段階です。そして再臨は第3段階です。

我々は、これらの変化が実は起こっている禁欲中である人々に利用できる必要があります。彼らが持っているボックスに住んでいることが彼ら自身を置いたので全く満足で、彼らの近視の快適さ地帯の向こうで彼らの認識を拡大する準備ができていない多くの人がいるのを思い出してください。

我々は、完全に我々の身内と我々の惑星の生態系の修復を癒やすことを考慮する必要があります。

環境浄化に取り組む我々の展望は我々が解放する新技術を拡大しますので、我々は自己を表現して楽しむ方向で社会に貢献するかもしれません。

下記の発行物はまだ我々とともにあります。そして、我々の焦点はこれらの広大なゴールの成果によってひき続き生活を維持することです。大いなる力があなたとともにあるかもしれません!

NESARAは、アメリカ人に大きな利益を提供します。NESARAは、クレジットカードと抵当負債を免除します。NESARAは、連邦準備制度理事会を吸収して、元の貴金属に裏打ちされたアメリカ財務省通貨に基づくアメリカ財務省銀行システムを作成します。NESARAは、本来の合衆国憲法を復活させます。 NESARAは、IRS[国税庁]を廃止します。NESARAは、政府とより多くの改善のためを均一料金を必要としはない「新しいアイテムだけ」の売上税収入を確立します。

これらの「より多くの改善」は、地球の全ての生物形態にとって歓迎すべきものです!我々が我々の子供たちに生命の遺産を任せることになっているならば、我々は我々が我々の環境にならせておいたことを元に戻さなければなりません。我々が次のステップに上昇するつもりであるなら、我々は我々が地球・生命に対して加えた損害を分解しなければなりません。誰も、この責任を免れません。

我々は、リサイクルを通して零点エネルギーを発展させ、環境を保護する方針を採用します。手始めに自然食ベースと同種療法医療に戻ることを確認する必要があります。

誰にでも、本当の教育、食物、保護、治療、自由とプライバシーに対する権利が保証されなければなりません。

これは、我々自身の置かれた深刻な状況を考えると、むしろ単純すぎるように聞こえます。我々は直接嘘をつかれました。そして、長い間の省略によって、我々は以下の認識に最終的に気づいています。

我々はもはや我々の政府には事態を適切に処理する能力、知識、または願望があると仮定することができません。IRS[国税庁]の合法性を申し出る人は、その失敗を見てください。911の完全な調査、環境と公衆衛生(EPA、FDA)を保護してください。そして、きちんと、市民を教育してください。

我々は、有能な働きをすることができ、きちんとその責任をはたすとみなすことができる他の人たちを見つけなければなりません!

http://nesara.insights2.org/

概要

1993年に、最高裁判所がファーマーズの連盟に賛成してほとんど満場一致で統治したアメリカは、アメリカの銀行が政府の共謀で農場を不正に抵当流れにしていた、そして、所得税改正が決してきちんと批准されなかったと主張します。とても厳しい報道禁止令は直接関係する誰(決定される訴訟事件記録)にでも置かれました、そして、法廷の改革判決の後まで修正される訴訟事件一覧表番号ケース詳細は堪能です。

改革を実行するために、5つのJusticesは、米国政府と他の党との『一致』について交渉することに年を費やしました。Accordsプロセスが機能しなかった、Justicesは改革を認可しました2000年3月にひそかに通過された国立Economic Security And Reformation Act(NESARA)という名の法律の形に置く。秘密は、公認記録と厳しい報道禁止令を修正することによって維持されました。NESARAのニュースは、2000年6月に米海軍情報部から出てきました。

常設国際司法裁判所は、以前同意されて、国が(現在182(CANADAを含む))MUSTを含んだ2002 08 22が彼らの契約を守って、本当のNESARA法に対する支持において彼らの銀行システムを変えると決定しました。

プロセスはそうしなければなりません()アメリカ合衆国で始まる - 平和の環境で:一旦それがそこで発表されるならば、他の国は彼らのリードに続かなければなりません。

NESARAは、2001年9月11日の午前10時EDT[東部時間]に発表されることになっていました。World Tradeセンターへの襲撃は、その日、午前9時の直前に起こりました。ハイジャック犯など全くいませんでした。ブッシュ大統領は、必死に戦争を必要としました - そうすることで、部分的にNESARAの発表を止めました!彼らがまさしくその朝NESARA実施の銀行手続きを実行に移していた約200人の銀行員の殺害を明示したように、NY消防士の命が危険にさらされました!

2002年10月14日に、判事たちは多くの報道禁止令を取り除きました。そして、国中のラジオとテレビのトークショーは初めてこの情報を呼び物にし始めました。

2003年11月に、長い待ちに失望した人々とまだそれを「絵空事」と考える自虐的な人々を増やそうとする波にもかかわらず、この「黄金時代」を準備する役割を引き受けている個人とグループとともに、活動は異なる正面へ移りました。そして、その実施と同時に惑星の制御から取り除かれる人々からも、コースの...…

2005年4月までに、事態は本当に加熱し始めました。そして、発表を狂わせようとして、イルミナティは多くの必死の処置をためしました。時々、彼らはそれを支配することができないなら全世界を破壊するために核(水素)爆発を使おうとするほど凶暴でした。しかし、銀河連邦軍が全てのそのような行動の影響力を弱めるために介入していますので、核戦争(も核爆発さえ)も発生することはありません。

「ミスター」ブッシュが辞任しないなら(もともと『大統領』ではないブッシュが政権に居座り続けようとするなら)、彼は軍隊によって逮捕されることになっています。全国テレビでのNESARAの発表は、ブッシュ逮捕のあとに続きます。
今やテレビ局員はこの事態に備えています…
[しかし、全ての計画は流動的です!]

欧米世界の現状:2007年4月報告

米英で奴隷制を反省し、謝罪する動き
持田直武 国際ニュース分析 2007年4月8日 持田直武

奴隷制や先住民に対する迫害を反省する動きが広がった。バージニア州議会が2月、「深く遺憾とする決議」を採択。続いてメリーランド州、ノースカロライナ州も採択。ジョージア州など6州でも同様の動きが起きている。連邦議会でも、民主・共和両党議員が謝罪と補償を検討する決議案を提出。英国教会も奴隷を所有した過去を反省した。日本政府に謝罪を求める従軍慰安婦決議案が影響を受けるのは必至である。


・反省と謝罪の動きが米英に拡大

 バージニア州議会は2月24日、奴隷制と先住民の迫害を「深く遺憾とする決議」を満場一致で採択した。奴隷の曾孫にあたる2人の民主党議員が提案した。決議は「アフリカ系住民の奴隷化は史上最悪の人権侵害であり、米建国の理想に反する」と強調。「奴隷制廃止後も、アフリカ系住民に対する偏見や差別を生む原因となった」と現在も影響が残ることを認めた。また、米先住民に対する搾取も認め、深い遺憾の意を表明した。同州は1607年、米大陸初の定住入植地としてスタートし、今年はその400周年。数々の記念行事が続くが、決議はその中の1つとなった。

 同様の動きが米各地に拡大している。メリーランド州が3月26日、ノースカロライナ州が4月5日、バージニア州とほぼ同様の決議をし、奴隷制の制度化に州が関与したことなどを認めて、州として遺憾の意を表明した。このほか、ジョージア州、ニューヨーク州、デラウエアー州、ミズーリ州、マサチューセッツ州、バーモント州など6州が同様の決議採択を検討している。また連邦議会でも、下院に奴隷制謝罪の決議案と補償を検討する委員会設置を要求する法案。上院には、米先住民に対する迫害を謝罪する決議案が提出されている。

 同じ動きは英国でも起きた。エリザベス女王を首長とする英国教会は3月24日、教会が奴隷を所有した過去を反省。ブレア首相も去年11月、新聞に寄稿し「深く恥じる」と表明した。英国は17世紀から18世紀、大量のアフリカ住民を新大陸に運ぶ奴隷貿易で巨額の利益をあげた。しかし、国内の反対が高まって1807年に奴隷貿易を廃止。今年はその200周年で、3月27日にはウエストミンスター大聖堂で、エリザベス女王とブレア首相が参加して式典を開催。政府はアフリカ諸国支援のため、副首相を座長とする委員会を発足させた。

・今なぜ反省と謝罪なのか

 米政府が過去の行為を反省し、謝罪した例はないわけではない。最近の例では、レーガン政権時代の1988年、太平洋戦争中の日系移民強制収容に謝罪、生存者に2万ドルの補償をした例。クリントン政権時代の93年、19世紀末のハワイ併合にあたって、当時の米政府がハワイ王朝の崩壊に関与したことを認めて謝罪した例などがある。奴隷制と先住民の迫害についても、これまで謝罪や補償要求の動きはあったが、今回のように州議会レベルで次々に決議する動きが出たのは初めて。連邦議会でも、上下両院で決議が採択されるとの見方が多い。

 連邦議会では、下院に民主党コーエン議員が同僚議員36人と共同提案した「奴隷制に謝罪する決議案」。民主党コンヤーズ議員が提案した「奴隷制の補償を検討する委員会設置法案」。上院には、共和党保守派の大統領候補、ブラウンバック上院議員が共同提案者5人と提出した「先住民に謝罪する決議案」の3案が出ている。コンヤーズ議員は1989年から同法案を出し続けているが、審議の対象にならなかった。しかし、今年は州議会で決議が相次いでいることや、同議員が下院法務委員長に就任、法務関係の法案上程の責任者になったことで、採択は確実と見られている。

 また、共和党のブラウンバック上院議員も「先住民に謝罪する決議案」を提出するのは、これが5回目。05年に上院先住民委員会で可決されたが、上院指導部の判断で本会議上程は見送りになった。内容は「先住民は数千年にわたって米大陸に住み、建国当初ひ弱だった米国を助けた。米政府はその恩を忘れて先住民との条約を破り、土地を奪った。その結果、先住民は今も苦境に立っている」と指摘。大統領と議会の謝罪を要求している。先住民の中には、居留地で生活している住民も多い。ブラウンバック上院議員のような有力議員が謝罪決議の先頭に立つ影響は大きい。

 奴隷制決議案、先住民決議案とも、連邦議会が決議すれば、補償要求の動きを勇気付けるのは間違いない。それは、国内だけでなく、アフリカ諸国など海外の動きにも波及しかねない。米国内では、1994年に「補償を要求する黒人連合」という団体が組織され、奴隷の子孫に対して8兆ドルの補償要求を掲げたことがある。また、ファーマーペルマンという女性法律家が2000年3月、保険会社を相手取って補償要求の訴訟を起こし、現在も続いている。対象となった企業は銀行、繊維、鉄道、たばこなど一時20社に広がった。

 この米国内の動きに対して、海外からも補償要求が出ている。2001年、国連が南アフリカで開催した世界人種差別反対大会では、アフリカ諸国が欧米諸国に対して、奴隷制度に関して明確な謝罪と補償を要求する声が相次いだ。ブッシュ大統領は03年7月、セネガルを訪問した際、奴隷船の出港地ゴリー島まであえて足を伸ばし、「歴史上最悪の犯罪だった」と述べて遺憾の意を表明した。アフリカ諸国の要求を避けて通れなくなったのだ。英政府が3月、副首相を座長とするアフリカ諸国支援委員会を発足させたのも、このためだった。

http://hiddennews.cocolog-nifty.com/gloomynews/cat59077/index.html

クルーグマン:『撹乱と公民権剥奪』
米国を代表する経済学者の1人、ポール・クルーグマン氏のNYタイムズ紙4月2日付け掲載コラムを以下に翻訳して掲載。(文中リンクは訳者による)

今回のコラムでは経済格差問題について触れられている。アメリカ国内の格差に関する報道で最近目についたものをいくつか以下に列挙していこう:

デトロイトで販売されている中古住宅。中古車よりも安い金額で入手可能。

全米労働者のおよそ3人に1人にあたる4,000万人ほどが、医療保険・退職金・病欠手当て・家族休暇等の手当てがない低賃金労働に従事している。(経済政策調査センターの報告)
全米各州の都市部ではホームレスが急増しているが、各都市の行政側はボランティアによる炊き出し活動に法的制限を実施するようになった。食料の無料配給を制限すれば、ホームレスの集中を抑えられるという行政側の目論みがあるらしく、当然ながらボランティア団体側は反発している。(USAトゥデイ紙報道)
米国内にはホームレスになった退役軍人が20万人ほど居るという(CBS放送)が、イラク戦争から帰還後に退役しホームレスになる若者も急増している。(ワシントンポスト紙)
米製造業の衰退を象徴する貧困地区のひとつであるミシガン州デトロイトでは、自動車よりも安い値段で中古の一戸建てが購入できるようになった。米国で一般的なサイズの住宅が300万円くらいで販売されており、特に安い例としては、有名なモータウンレコードスタジオの近所で、寝室が4つある邸宅が7,000ドル(約83万5,000円)で売りに出されているという。(ロイター通信)
アメリカの自動車産業は衰退しているが、CEO達にはその影響は全くないらしい。2006年度に127億ドル(約1兆5,149億1,900万円)という記録的な損失を出したフォード社の新CEOは、就任してたった4ヶ月で2,800万ドル相当(約33億3,998万円)の記録的な報酬を受け取った。このCEOの巨額報酬の影で、フォードの工場が閉鎖され、3万人の従業員が解雇されたという。(CNNMoney)

撹乱と公民権剥奪(Distract and Disenfranchise)
by ポール・クルーグマン:NYタイムズ紙2007年4月2日付けコラム

私はブッシュ政権の権力乱用に関する学説を唱えているが、いよいよそれが明らかになってきた。結局のところ、ブッシュ政権は所得格差の拡大により追い込まれたと私は考えている。

説明させていただこう。

1980年、ロナルド・レーガンがホワイトハウスを勝ち取った時、保守思想は大多数のアメリカ国民に受け入れられた。その頃の合衆国は、まさしく中流層の国家だった。当初からリベラル思想を育くむ原動力となった莫大な格差と社会的不正義は、少なくとも白人有権者にとっては、すでに昔日の出来事に思えたのだ。そのような社会では、“大きい政府”こそが敵であり、他人のための福祉に自分達の税金が使われると多くの有権者に信じ込ませることは容易だった。

しかしその後、我が国は再び深刻な格差社会になってしまった。収入額の中央値は1980年以来たったの17%しか増加していないが、国民の0.1%を占める最富裕層の収入は4倍に増加している。今では、ニューディール政策に向けた政治的結束が形成されていく1920年代のレベルまで、富裕層と中流層の格差は拡大している。

社会が変わってしまったことに有権者は気づいている。所得配分表を詳細に調べなくとも、現代の金持ちが建設する邸宅が、かつて泥棒貴族が建てたものよりはるかに巨大であることを有権者はよく理解している。雇用統計を調べるまでもなく、自分達の給料がたいして増えていないことくらい知っているのだ。ピュー・リサーチ・センターの世論調査によれば、労働者の59%は、20年前もしくは30年前に比べて現代では生活費を稼ぐのがずっと困難になったと考えているという。

ブッシュ大統領でさえも、「国民の中には、ダイナミック経済の煽りで労働者が置き去りにされているという事実を懸念する向きもあるようだ」と今年1月に認めるとおり、拡大する所得格差が認識され、政治課題として浮上しているのはご存知のとおりである。

しかし、現代の共和党では、格差拡大に対して意義ある対応はできない。共和党系団体がそうさせないからである。先週金曜と土曜日に、ほぼ全ての共和党大統領候補者達がフロリダ州パームビーチを訪れ、供給側重視の減税・民営化促進を主張する圧力団体『成長クラブ(Club for Growth)』に敬意を表した事実にも、そのジレンマをみることができる。

共和党は時代遅れの思想に固執し、大きな問題にぶつかった。国民の真の要求に対応できる国内政策を提示できなくなったのである。ではどうやったら選挙に勝てるのか?

その回答は、しばらくの間、国民を撹乱させ、それに公民権剥奪を組み合わせることにあった。

911同時多発テロ事件は、それ自体が壮大で神がかりな民意の撹乱だった。事件の前までは、2000年大統領選挙活動中に見せたほどにはブッシュ氏が穏健でなかったことが悟られ、ブッシュ政権への不満が国民の間に拡がりつつあったのだ。しかもテロ事件は、国民の注意を逸らす多くの機会を提供した。個々の政治課題について議論する代わりに、共和党側は民主党員がテロに弱腰であると非難するだけで済んだのである。2004年の民主党全国大会の直後に、古く不確実な情報を元にテロ警戒レベルが引き上げられた件を皆さんは憶えているだろうか?

しかし、国民の注意を逸らすのもそこまでだった。もう一つの手段は公民権剥奪だ。貧困層に属する国民は、格差是正のために具体的な政策を実施する政党を選択する傾向があるので、投票箱から遠ざけなければならなかったのだ。

公民権剥奪が2000年大統領選挙時のフロリダ州で「重罪犯の排除」という形で登場し、多くの正当な有権者が公民権を剥奪され、それがブッシュ氏がホワイトハウスに到達する第一理由になった件を記憶にとどめておこう。しかも、どうやらこの公民権剥奪こそが、司法省が政治化されることになった目的の中核にあるらしいのである。

解雇された米連邦検事達の中には、『不正投票(voter fraud)』-現在この語句は「黒人なのに投票している(voting while black)」とほぼ同義になっている-を追跡するよう圧力をかけられた者が複数いた。。司法省公民権課の前職員の話によれば、ジョージア州の有権者認定法、トム・ディレイのテキサス州選挙区再分割法など、事実上アフリカ系有権者から公民権を剥奪することになる共和党の政策に意義を唱えると、検事としての活動を封殺されることが度々あったという。

良い知らせは、共和党の総力を挙げた権力乱用をもってしても、2006年の中間選挙には充分ではなかったということだ。そして2008年大統領選挙は共和党にとってさらに厳しいものになるかもしれない。なにしろ、クリントン政権時代に実は庶民派でなかったと富裕層と大企業を安心させてきた民主党陣営は、どうやら時代が変わったと悟っているらしいからだ。

減税政策に忠誠を誓う共和党大統領候補達がフロリダ州パームビーチに群れを成していた頃、民主党側は集結し、国民皆保険制度の確立に献身すると宣言した。共和党陣営が、それに応じて何を提示できるのか、予想するのは難しい。

(以上)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック