必見!人類が滅亡すれば、地球は生き残れる。という映画

10.14 ファーストコンタクト はついに実現することはなかった。

失望ばかりしていても始まりません。

これを見て元気を取り戻そう!
あの一連のメッセージを思い出しながら...


連山 から

人類が滅亡すれば、地球は生き残れる。という映画

地球が静止する日

アメリカの首都ワシントンDCに銀色の円盤が着陸し、人間の姿で奇妙な服を着た男が現れた。彼の名はクラートゥ。自分は宇宙人であり、地球人には危害を加えないと語る。しかし警備兵は彼に向かって発砲してしまう。船体から巨大なロボットのゴートが現われ、周囲の武器を破壊しようとするが、クラートゥはロボットを制止した。
彼は大統領秘書に、地球上の指導者たちが核兵器や戦争による殺戮で他の天体の征服を考えるのは、他の星からの攻撃に繋がることを忠告したいと言った。彼は地球人を説得する平和の使者であった。指導者たちが彼と同席することを拒んだため、クラートゥは宿屋に住み街の人々に紛れ込んだ。彼は科学者バーンハート教授と会い、使命の重大さを認識させるために世界中の電気を止めることにする。
しかしクラートゥの意図は誤解され、逮捕命令が出された。軍に逮捕されたとき、彼は致命傷を負ってしまう。ゴートは救出のためなら市の破壊も行う。クラートゥは使命を果たすことができるのか。
出典:出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


今年、日本でも公開されるようです。予告編はこちらにあります。(予告動画
もし、政治が非常に危険な事をした場合、金融決済を止めようとする存在があるのかもしれません。少なくともこのままの政策を取れば日本経済は停止するでしょう。日本人の精神が西方化しました。これは危険です。西方文明は収奪型です。構造的に循環的に物事を思考するようにはできていません。森を破壊し、石炭を掘り尽くし、石油を枯渇させる。昔の日本人は循環という事を大事にしていました。継承を重んじ、子どもを大事にしました。子孫に膨大な債務を残したり問題を先送りにしたり毒の米や耐震偽装をしませんでした。それは自尊心があったからです。

画面いっぱいの映像が見れます!
出典:映画「地球が静止する日

キアヌ・リーブス主演
12.19(金)日劇1他 全国超拡大ロードショー


ストーリーがも-うひとつ..って感じではあるが


「10.14ファーストコンタクト」のストーリーをそのまま
映画にしてくれたらおもしろいと思うのだが....

それにしても、ホームビデオ 「V」(ビジター)を昔みたことがあるが
もう一度また見てみたいという気がしてきた。

それにしても
UFO隠蔽をなぜしなければならないか?

やはり地球を支配している者にとっては
UFO・宇宙人は存在してはならないのかな...

NASAの公開される映像も不満だらけです。
SOHO(太陽周辺画像)には結構モザイクをかけているようです。
不都合な映像は削除されています。

モザイクなんか掛けるはやめてください!

それに日本のかぐや(月周回の衛星)の映像だって
公開された映像には何か映像処理してあるとか...

富の独占、情報の独占はいけません!

これからもドンドン、ディスクロージャー(暴露)されていって欲しいですね!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック